胸が大きくなるマッサージ

昔からよく「胸は揉むと大きくなる」と言われていますが、それは本当なのでしょうか。
これは、あながち間違いではありません。
胸は意外と凝り固まっています。
そして、胸の本来の正しい位置からもずれてしまっているのです。

矯正下着でスタイルが良く見える位置に胸を押し込んだとしても、やはりそれは無理やりなので時間の経過と共に元の位置に戻ってしまいます。
ブラジャーのパッドで盛ったとしても、着けた瞬間と一時間後ではやはり違います。
下着だけで胸を大きくすることは難しいのです。

胸のマッサージには、様々な効果を狙ったものがあります。
まず、筋肉に張り付いて固まってしまった胸の脂肪をほぐすものです。
肩甲骨の後ろ辺りというおよそ胸とは思えない様なところから、熊手のようにした手のひらでしっかりと前にマッサージする事で凝りをほぐしていきます。
強さはやや痛いくらいで、しっかり目に行います。

次に鎖骨の中央に向かって斜め上に胸を揺らします。
回数としては一秒間に2〜3回を30回程度です。
バウンドさせる感じではなく、あくまで揺らす感覚で行いましょう。

最後に、両手でブラジャーをするように下から持ち上げ、上に向かって揺らしていきます。
こちらも同じく一秒間に2〜3回を30回程度が目安です。

マッサージが終わった後、胸がぽかぽかしているのが実感できます。
そして、なによりも感触が大きく変わります。
胸が大きくなるマッサージをした後では、まるでマシュマロのようなふわふわとした感触に変わっているのです。
よく二の腕の内側は胸の柔らかさと同じといいますが、胸が凝ってしまっている状態であれば二の腕のほうが柔らかいくらいです。

しっかりと胸をほぐすことで、ブラジャーや矯正下着への収まり方もずいぶんと変わってくることに驚きます。
肩甲骨の裏辺りからしっかりとマッサージをしているので、後姿のブラジャーと背中のお肉の段差も緩和されています。

マッサージする事で、リンパの流れも良くなるので胸に溜まった老廃物の代謝も上がります。
特に変化が出やすいのが、胸を支えているわき腹の部分です。
ここがスッキリとすることで胸が垂れるのを防ぐだけでなく、上向きのキレイな胸を維持することができます。
血行が良くなる事で、胸のハリもアップします。
胸を大きくするマッサージをより効果的にするマッサージジェルや、胸を大きくするサプリメントなど様々なものが販売されているので、取り入れるのもオススメです。