胸を大きくするツボ

ツボといえば肩こりや頭痛の解消のイメージが強いですが、実は胸が大きくなるツボというものもあります。

まず、胸を大きくするためには胸の構造を頭に入れておきましょう。
胸の役割とはそもそも母乳を作ることなので、胸を大きくする=母乳を作る乳腺を増やさなくてはなりません。
そして、乳腺が増えればそれを保護するための胸の脂肪も増えるというわけです。

しかし、乳腺を増やすといってもどうすれば良いのかピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。
筋力トレーニングのように、運動をして鍛えるといったものではありません。
ツボを刺激することで、乳腺を増やすことができるのです。

乳腺を増やすためには、まず女性ホルモンのエストロゲンの分泌量を増加させるツボを知る必要があります。
特に月経前の排卵の時期にはエストロゲンの分泌量が多くなるので、この期間は特に念入りに胸が大きくなるツボを刺激しましょう。

胸を大きくするツボとして代表的なものを二つご紹介します。

中府(ちゅうふ)

まず、「中府(ちゅうふ)」というツボです。
鎖骨の下のくぼみにから指一本分下にあるツボですが、イメージとしては肩からブラジャーのストラップとカップの間くらいの位置になります。
ツボというと非常に痛いイメージが強いかもしれませんが、中府はせいぜい痛気持ちいいくらいのものなのでご安心ください。

よう窓(ようそう)

次に、「よう窓(ようそう)」というツボです。
鎖骨から乳首にかけての距離の真ん中に位置しているツボで、ブラジャーのカップとストラップのつなぎ目あたりが目安となります。
分かりにくい場合は、第三肋骨と第四肋骨の間を参考にしてください。


ツボを押すタイミングは特に決まってはいませんが、お風呂で湯船につかりながら行うのがオススメです。
温浴効果で体がほぐれ、血行も良くなっているのでより効果的にツボを刺激できます。

ツボの刺激によって、エストロゲンの分泌量を増やして乳腺を増やすといった効果だけでなく、血行や代謝が良くなることによって胸のたるみの防止や、ハリ感をアップさせる効果が期待できます。

エストロゲンの分泌を増やすことに効果があるのは、ツボだけではありません。
胸を大きくする薬やサプリメント、胸のトリートメントジェルやクリームといったものもあります。
胸を大きくするサプリメントには美容成分も含まれている場合も多く、胸元だけではなく全身のケアの為としても人気です。
様々な面からアプローチしていくことで、理想のバストラインを目指しましょう。